Chuyên mục: Tiếng Nhật


(NHK)チュニジアでテロ 日本人3人死亡 3人けが: khủng bố tại Tunisia, trong đó khách du lịch Nhật có 3 người chết và 3 người bị thương

Đăng bởi ngày 20/03/2015

北アフリカのチュニジアの首都チュニスの博物館で、18日武装した男らが銃を乱射した事件で、日本人3人を含む外国人観光客など19人が死亡し捜査当局は、現場で殺害した容疑者のチュニジア人について動機や背後関係を調べています。 チュニジアの首都チュニスにある国立バルドー博物館の前で、18日午後、銃を持った複数の男たちがバスから降りてきた外国人観光客らに向かって乱射した後、博物館に押し入りました。 男らは、観光客らを人質にとって立てこもったため、治安部隊が突入して武装した2人を殺害しましたが、チュニジア政府によりますと、外国人観光客17人とチュニジア人2人の合わせて19人が死亡し、44人がけがをしたということです。 日本政府は19日午前、日本人3人が死亡し3人がけがをしたことを確認したと発表し、ほかにも被害を受けた人がいないかどうかなど現地の大使館を通じて情報収集を急いでいます。チュニジアのシド首相は、現場で殺害した2人についてヤシン・ラビディ容疑者とハテム・ハシュナウィ容疑者でいずれもチュニジア人だと明らかにし、カイドセブシ大統領も、「忌まわしいものたちを撲滅する」と事件を強く非難して、事件の再発を防ぐため断固として対処する考えを示しました。 事件については、現場の近くにある議会を狙った犯行という見方がある一方、犠牲者のほとんどが外国人であることや犯人が、外国人観光客に人気のある博物館を襲撃していることから外国人を狙った犯行という見方も出ています。 けがをした人のうち病院で手当てを受けている結城法子さん(35)は、NHKの電話インタビューに対し、「博物館の2階で見学していたら部屋の入り口に立っていた黒っぽい服装をした男が銃を乱射し始め、爆発音のようなものが聞こえた。何が起きたのか今でも全く分からない」と話しています。結城さんは背中や手の甲にけがをして手当てを受けたほか、一緒にいた母親の敍子さん(68)もけがをして病院に運ばれ手術を受けたと話しています。 . 事件のあったバルドー博物館とは 在日チュニジア共和国大使館のホームページによりますと、チュニジアは地中海に面し、カルタゴ遺跡やチュニスの旧市街などがユネスコの世界遺産に登録されていることもあり、日本を含む世界中から大勢の観光客が訪れているということです。 日本人らが襲撃を受けた「バルドー博物館」は、チュニスの郊外にあり、世界最大の古代ローマのモザイクのコレクションがあります。世界に名高い逸品のひとつと言われる、「ヴァージルとミューズの女神たち」は、ルーブル美術館の「モナリザ」に匹敵する美しさだとされています。 政府 情報収集急ぐ「犯行声明はない」 加藤官房副長官は、政務官会議のあとの記者会見で、「日本時間の昨夜、午後8時40分に事件が発生したことを認知した在チュニジア大使館が外務省に通報し、午後9時に大使を長とする現地対策本部を設置した。状況の把握に努め、被害者に対する必要な支援を実施してきている」と述べました。 また、「在チュニジア大使館において、速やかに在留邦人の安否確認を行うとともに、一斉メールを送信し、事件現場周辺に近付かないよう注意喚起している。また、現地の治安当局や病院等に邦人の被害状況を確認している」と述べました。さらに、「現時点で、いずれの組織からも犯行声明が発出されていない。犯人組織についても、引き続き、情報収集に当たることにしている」と述べました。 ※Nội dung Vào ngày 18/3 tại bảo tàng Bardo ở thủ đô Tunis nước Tunisia xảy […]

(NHK) 社会:電力4社 原発5基の廃炉を正式決定へ: 4 công ty điện lực quyết định chính thức dừng hoạt động của 5 lò phản ứng hạt nhân

Đăng bởi ngày 20/03/2015

関西電力と日本原子力発電、それに九州電力と中国電力は運転開始から、おおむね40年たつ老朽化した原発5基の廃炉を17日と18日の取締役会で正式に決定することにしています。 原発事故後に福島第一原子力発電所以外で原発の廃炉が決まるのは、これが初めてとなります。 関西電力は福井県にある美浜原発1号機と2号機を、日本原子力発電も同じく福井県にある敦賀原発1号機の廃炉を17日の取締役会で正式に決定し、地元の自治体に伝えることにしています。 また、中国電力は島根原発1号機を、九州電力も玄海原発1号機を廃炉にすることを18日開く取締役会で、それぞれ決めることにしています。 原発を再稼働させる場合には、電力会社はおととし7月に施行された国の新しい規制基準に適合させる必要があり、そのための安全対策に多額の費用がかかります。 また、併せて導入された制度によって運転期間は原則40年とされ、例外的に延長する場合には特別の点検を実施することが義務づけられ、さらなるコスト負担が見込まれています。 各社が廃炉を決定する5基の原発は発電の規模が比較的、小さいことから安全対策に多額の費用をかけて運転を継続しても経営上の利点は少ないと考えているものとみられます。 4年前に起きた原発事故後に福島第一原発以外で原発の廃炉が決まるのは、これが初めてとなります。 . 廃炉の進め方と課題は 原子力発電所の廃炉には数十年かかりますが、原子炉を解体した後の廃棄物や使用済みの核燃料を、どのように処分するかなど課題は山積しています。 東京電力福島第一原子力発電所を除き、日本で廃炉が進められている商業用の原発は茨城県にある日本原子力発電の東海原発と、静岡県にある中部電力浜岡原発の1号機と2号機があります。 このうち、今回の5基と同じ軽水炉と呼ばれるタイプの浜岡原発では6年前に廃炉作業が始まり、完了までに28年かかると見込んでいます。 現在は第一段階で、まず、使われなくなった核燃料を取り出しました。 さらに作業員の被ばくをできるだけ抑えるため、放射性物質を取り除く除染作業が行われています。 来年度からは原子炉周辺の設備の解体へと進みます。 その後、原子炉などの主要な設備が解体され、最後に建屋などが撤去されることになります。 廃炉を進めるうえで課題になるのが、解体によって出た廃棄物の処分です。 電気事業連合会のおおまかな試算によりますと、すでに廃炉中のものも含めた全国57基の原発を廃炉にするとおよそ45万トンの低レベル放射性廃棄物が発生する見込みですが、現在、国内にはこうした廃棄物を受け入れる処分場はありません。 特に原子炉など放射能レベルが比較的高いものは地下50メートルから100メートル程度に作られた施設に処分するとされていますが、処分場を確保するめどは立っていません。 このため、中部電力は16日、放射能レベルの極めて低い廃棄物については原発の敷地内に仮置きする計画をまとめ、国に申請しました。 地元の静岡県は「仮置きは容認するが、ずっと廃棄物を置くことを認めたわけではない」として対応を求めています。 さらに使用済み核燃料を再処理した後に出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる核のゴミを処分する国の計画は全く進んでいません。 廃棄物の問題を抱えたまま、今後本格化する廃炉が順調に進むかどうかは予断を許さない状況です。 ※Nội dung 4 công ty điện […]

(Nikkei) 社会:ベトナム、食の安全に関心高まる 中国産に不安: quan tâm về an toàn thực phẩm ở Việt Nam tăng cao, và lo lắng về thực phẩm có xuất xứ từ Trung Quốc

Đăng bởi ngày 20/03/2015

ベトナムの消費者が食の安全への関心を高めている。同国ではこれまで、生鮮品をはじめとする食品の産地表示が軽視されがちで、消費者が購買する商品を決める基準は主に値段の安さだった。ところが大量に輸入されるようになった中国産の残留農薬、添加物への懸念が強まってきた。南シナ海でベトナムと領有権を争う中国の強硬姿勢も気に障るようだ。ベトナム北部の首都ハノイ市など都市部ではオーガニック食品の小売店がビジネスチャンスを広げ、自宅の屋上を菜園に衣替えする市民もいる。■自宅の屋上に家庭菜園「きょうはどの野菜を食べようかな」。ハノイの旧市街地に住む主婦のタン・ティ・マンさん(43)が家庭菜園でつぶやいた。4階建ての自宅の屋上に手を加えて設けた菜園で成長の度合いを確かめるのが日課だ。2013年に約2000万ドン(約11万円)の費用をかけて鳥よけの金網を張り、給水設備を設けた。ここで栽培する野菜の種類は季節によって変える。いま育てているのはトマト、キュウリ、キャベツ、レタスなど約20種類にのぼる。「残飯や野菜くずが肥料で、虫よけには農薬でなく、トウガラシやニンニクを使うの。完全に安全な野菜なのよ」と満足げに話す。  マンさんと同じく自宅に菜園を開く市民がベトナムの都市部で目立ってきた。マンさんの家の2軒隣りも最近、屋上菜園を始めたそうだ。菜園をオープンさせるための改築方法や野菜づくりのノウハウなどについて情報を交換するインターネット上の交流サイト(SNS)も誕生し、会員数は約2000人に増加した。年内には1万人に増える見通しだ。こうした菜園ブームを映し、家庭向けの水耕栽培システムを販売するサイゴン・トゥーイカイン(ホーチミン市)の売り上げは14年が前年の1.7倍に急伸した。08年の創業当初に比べると10倍以上に膨らんだ。  ベトナムの都市部の消費者はなお、野菜、肉、魚といった生鮮食品を昔ながらの一般市場で買い求めることが多い。スーパー、コンビニエンスストアといった大量消費型で大資本が経営する小売店はまだ少ない。一般市場では新鮮で安価な商品が手に入ると考えられているが、産地や栽培方法などに関する表示はほとんど見られないのが実情だ。  このような環境に慣れていたベトナムの消費者の間で食の安全を巡る不安が急速に広がってきた。中国産の食品に関してはベトナム以外の国の事例も手伝い、農薬や添加物の過剰使用や残留などが問題視されていた。ベトナムは隣国の中国との貿易が多く、中国産の食品を大量に輸入している。14年5月以降は中国産の野菜や果物についてベトナムの基準を超える残留農薬が検出されたほか、ベトナム産や米国産と偽装して販売されるケースが相次いだ。  これと並行し、同年夏ごろには真偽不明のうわさがSNSでささやかれた。中国産のリンゴやバナナは市場で買ってから何カ月たっても腐らない――。こうした不信感に南シナ海の領有権問題を巡る中国への反感が重なった。ベトナムのティエン保健相は14年9月、中国産の野菜や果物の残留農薬や産地偽装に関して、国内の関係機関に詳しく調査するよう指示した。その後、野菜や果物の輸入元として中国のシェアが低下し、タイが浮上したことがわかった。■有機・減農薬野菜店が人気  家庭菜園で「自衛」できない消費者は、日米欧のように有機栽培の野菜や果物など、産地や生産者を指定して安全に配慮した食品を扱う小売店に駆け込む。こうした特別な店での食品の価格は伝統的な市場より高いが、ベトナムの経済成長で厚くなった中間層にとっては、食の安全の方が値段の安さよりも大きな関心事になりつつある。このようなオーガニック食品の販売で成功する小売業の一つがハノイ中心部に本店を構える「バックトム」だ。生鮮品が専門で、有機・減農薬栽培の野菜にこだわり、肉や魚の仕入れ先は信頼できる契約農家に限る。店内に野菜の栽培方法を説明した大きなパネルを掲げ、商品には産地情報を盛り込んだラベルを貼る。売り上げは最近、前年を5割上回る勢いで伸びている。顧客には30~40歳代の主婦が目立つようだ。店番をしていたファム・ティ・ハンさん(35)は「一般的な市場の2倍くらい高い商品もあるが、消費者は安心できることで納得して買っていく」と話す。  バックトムは10年4月に創業し、いまではハノイ市内で5店舗を展開する。契約農家は同市近郊の160軒にのぼる。市場に比べ品ぞろえは豊富でない。それでもバックトムがSNSのサイトに入荷状況を書き込むと、来店した消費者からすぐに反応があるそうだ。  南部の主要都市ホーチミン市でも有機栽培の野菜や、抗生物質などを使わずに育てた養殖魚を扱う小売店が増えてきた。「ホアスアフーズ」もこうしたオーガニック食品を販売する小売店を展開する会社の一つだ。ベトナム人はSNSを介して得た情報を信頼する傾向がある。市場経済が育ってきたとはいえ、政治は社会主義体制で、新聞やテレビといったマスコミの報道になお規制が残ることも背景にある。ネット販促支援の日本企業アウンコンサルティングによると、SNSの一つであるフェイスブックだけでも利用者はベトナムが直近で2400万人に達し、日本の2200万人(14年6月)を上回る。ベトナムの人口は日本の7割ほどの9000万人程度だから、SNSが社会の情報ツールとして重視されている実態がわかる。数百人単位でつながっている例もあり、情報が即座に拡散する。食品に関してはとりわけ敏感だ。食の安全・安心で先端をいくといわれる日本企業にとっても新たな市場の開拓先になるかもしれない。 ※Nội dung Mối quan tâm về an toàn thực phẩm của người tiêu dùng ở VIệt Nam đang tăng cao. Trước giờ […]

(NHK) 社会:北陸新幹線が開業 一番列車出発: tàu shinkansen Hokuriku đi vào hoạt động với chuyến tàu đầu tiên xuất phát

Đăng bởi ngày 20/03/2015

金沢と東京の間をおよそ2時間半で結ぶ北陸新幹線は14日、開業日を迎え、金沢駅では、午前6時すぎに一番列車が出発しました。 北陸新幹線は、現在の長野新幹線を延伸する形で、金沢と長野の間のおよそ230キロが新たに開業し、金沢と東京の間が、従来より1時間20分ほど短いおよそ2時間半で結ばれます。 金沢駅と東京駅のホームでは出発式が行われ、このうち金沢駅では、およそ5000人の地元住民や鉄道ファンらが駆けつけるなか、テープカットやくす玉割りが行われ、北陸新幹線の開業を祝いました。そして、金沢駅の辻昭夫駅長と、石川県の能登半島を舞台にしたNHKの連続テレビ小説「まれ」のヒロイン、土屋太鳳さんの合図で、午前6時1分に定刻から1分遅れて上りの一番列車、「かがやき500号」が東京に向けて出発しました。 また、東京駅からは午前6時16分に、下りの一番列車の「かがやき501号」が出発しました。東京からの一番列車は、午前8時46分に金沢駅に到着する予定で、駅の構内などで石川の伝統芸能を披露するなどして、観光客を出迎えます。 国が昭和47年にまとめた「整備新幹線」の基本計画に盛り込まれた北陸新幹線は、東京から北陸経由で大阪に向かう区間のうち、43年の歳月を経て、ようやく金沢まで結ばれます。北陸新幹線は、金沢から西の区間の建設計画も進められていて、平成34年度には福井県の敦賀まで延伸される見通しです。 ※Nội dung Tuyến shinkansen Hokuriku dự định nối Tokyo với Osaka được mở rộng đoạn từ Nagano tới Kanazwa dài 230 km. Thời gian di […]

(NHK) 社会:今季のインフルエンザ 6割でワクチン効果低下: hiệu quả của vắc xin đối với 60% cúm mùa này bị giảm

Đăng bởi ngày 20/03/2015

今シーズン流行したインフルエンザウイルスのおよそ6割は、遺伝子が変異してワクチンが効きにくくなっていたとする報告を国立感染症研究所がまとめました。 専門家は、患者数が200万人前後となる週が続くなど、例年にないほど感染が拡大した要因の1つとみています。 国立感染症研究所は、毎年インフルエンザのワクチンの効果を調べていて、ことしも主に流行したA香港型のウイルス80株について、ワクチンでどの程度体内での増殖を抑えられるか分析しました。 その結果、64%に当たる51株ではウイルスの増殖を一定の基準以上防げず、「ワクチンの効果が低下していると考えられる」と判定されたということです。 国立感染症研究所によりますと、ウイルスの遺伝子が変異しワクチンと合わなくなったためだということです。 今シーズンのインフルエンザの流行では、1月に3週連続で患者数が200万人前後に上るなど例年にないほど感染が拡大し、病院などでの集団感染も相次ぎました。 国立感染症研究所の小田切孝人センター長は、「ワクチンの効果が低下していたとみられることが、今シーズン感染が拡大した要因の1つだろう。来シーズンはより効果の高いワクチンを供給できるように検討していきたい」と話しています。 ※Nội dung Trung tâm nghiên cứu bệnh truyền nhiễm quốc gia cho biết 60% virus cúm lưu hành mùa này có nhiễm sắc […]

(NHK) 風景:平尾台の四季 写真展: triển lãm ảnh 4 mùa ở Hiraodai

Đăng bởi ngày 20/03/2015

北九州市などに広がる日本有数のカルスト台地、「平尾台」の四季折々の風景を撮影した写真展がNHK北九州放送局で行われています。 会場には、地元に住む写真愛好家の本田茂さんがおよそ30年にわたってフィルムで撮影してきた7万コマにのぼる写真のうち、およそ30点が展示されています。 このうち、「秋終の月」は平尾台に広がる石灰岩と三日月のコントラストが印象的な作品で、天気や暦を綿密に調べて月がもっとも美しく見える日を狙って撮影したということです。 また、「秋の調べ」という作品では平尾台に生い茂ったすすきが風になびく中、ブヨなどの虫が無数に舞っている様子が切り取られています。 このほか、春の訪れを告げる野焼きの様子や雪で真っ白に覆われた平尾台など四季折々の風景が紹介され、訪れた人たちは季節ごとに変わる平尾台の魅力を堪能していました。 本田さんは「春夏秋冬の平尾台を人工物が入らないように撮りました。本当にいい作品は神様がシャッターを切るタイミングを教えてくれると思います」と話していました。 この写真展は、土日を除く今月20日までNHK北九州放送局4階のリバーサイドスタジオで開かれています。 Nội dung Trung tâm NHK ở Bắc Kyushu đang triển lãm ảnh 4 mùa về vùng Hiraodai thuộc tỉnh Fukuoka. Triển lãm trưng […]