Chuyên mục: Tiếng Nhật


(Nikkei)経済:富士通、ベトナムでソフトやシステム開発 中国依存を転換: Fujitsu chuyển dịch phụ thuộc vào Trung Quốc bằng cách phát triển phần mềm và hệ thống ở Việt Nam

Đăng bởi ngày 22/03/2015

富士通は2015年度から海外でソフトやシステムを開発する「オフショア」をベトナムで始める。同社のオフショア開発はこれまで中国が約9割を占めていたが、人件費の安いベトナムの比率を増やし、17年度をめどに中国の比率を7割に下げる。国内でシステム技術者の不足感がでてきており、オフショアを拡大することで開発費を抑える。   ベトナム子会社で10人規模で始め、17年度に100人規模に増やす。日本語を話せる技術者を育成し、日本の開発現場と連携する。またベトナムIT(情報技術)最大手のFPTなど現地のソフト開発会社への委託も進める。ベトナムのIT技術者の人件費は中国より3割近く安い。コスト削減の優先順位が高い案件などをベトナムに出す。  中国でのオフショアも維持するほか、欧州子会社などが主に使っていたインドの拠点の活用も、クラウドや車載関連向けを中心に増やす。現在、全体の作業工数に対するオフショア比率は5%以下とみられるが、早期に10%以上に引き上げる。 ※Nội dung Fujitsu từ năm 2015 bắt đầu làm offshore với phía Việt Nam. Cho tới hiện nay Trung Quốc chiếm 90% công việc offshore của […]

(NHK)社会:高校生の就職内定率 22年ぶり高水準: tỷ lệ trúng tuyển việc làm của học sinh tốt nghiệp cấp 3 đạt mức cao nhất trong 22 năm

Đăng bởi ngày 22/03/2015

この春、卒業する高校生の就職内定率は92%を超え、平成5年以来、22年ぶりの高い水準になりました。 厚生労働省がハローワークを通じて調べたところ、就職を希望している全国の高校3年生およそ17万4000人のうち、ことし1月末の時点で就職が決まっているのは、16万1000人余りで、就職内定率は92.8%でした。 これは去年の同じ時期と比べて2.1ポイント改善していて、平成5年以来、22年ぶりの高い水準になりました。 内定率は、すべての都道府県で前の年より改善していて、最も高かったのは、新潟の97.2%、次いで石川が97.1%、福島、富山、福井が96.7%となっています。一方、最も低かったのは、沖縄で、70.4%、神奈川が84.0%、高知が87.8%でした。 厚生労働省は「安定した就職先として例年、就職希望者が多い製造業で、求人数が大幅に増えており、学生と企業のマッチングが進んだのではないか」と分析しています。 ※Nội dung Trong số 174 ngàn học sinh cấp 3 mong muốn đi làm sau khi tốt nghiệp cấp thì tới thời điểm cuối tháng […]

(NHK)チュニジアでテロ 日本人3人死亡 3人けが: khủng bố tại Tunisia, trong đó khách du lịch Nhật có 3 người chết và 3 người bị thương

Đăng bởi ngày 20/03/2015

北アフリカのチュニジアの首都チュニスの博物館で、18日武装した男らが銃を乱射した事件で、日本人3人を含む外国人観光客など19人が死亡し捜査当局は、現場で殺害した容疑者のチュニジア人について動機や背後関係を調べています。 チュニジアの首都チュニスにある国立バルドー博物館の前で、18日午後、銃を持った複数の男たちがバスから降りてきた外国人観光客らに向かって乱射した後、博物館に押し入りました。 男らは、観光客らを人質にとって立てこもったため、治安部隊が突入して武装した2人を殺害しましたが、チュニジア政府によりますと、外国人観光客17人とチュニジア人2人の合わせて19人が死亡し、44人がけがをしたということです。 日本政府は19日午前、日本人3人が死亡し3人がけがをしたことを確認したと発表し、ほかにも被害を受けた人がいないかどうかなど現地の大使館を通じて情報収集を急いでいます。チュニジアのシド首相は、現場で殺害した2人についてヤシン・ラビディ容疑者とハテム・ハシュナウィ容疑者でいずれもチュニジア人だと明らかにし、カイドセブシ大統領も、「忌まわしいものたちを撲滅する」と事件を強く非難して、事件の再発を防ぐため断固として対処する考えを示しました。 事件については、現場の近くにある議会を狙った犯行という見方がある一方、犠牲者のほとんどが外国人であることや犯人が、外国人観光客に人気のある博物館を襲撃していることから外国人を狙った犯行という見方も出ています。 けがをした人のうち病院で手当てを受けている結城法子さん(35)は、NHKの電話インタビューに対し、「博物館の2階で見学していたら部屋の入り口に立っていた黒っぽい服装をした男が銃を乱射し始め、爆発音のようなものが聞こえた。何が起きたのか今でも全く分からない」と話しています。結城さんは背中や手の甲にけがをして手当てを受けたほか、一緒にいた母親の敍子さん(68)もけがをして病院に運ばれ手術を受けたと話しています。 . 事件のあったバルドー博物館とは 在日チュニジア共和国大使館のホームページによりますと、チュニジアは地中海に面し、カルタゴ遺跡やチュニスの旧市街などがユネスコの世界遺産に登録されていることもあり、日本を含む世界中から大勢の観光客が訪れているということです。 日本人らが襲撃を受けた「バルドー博物館」は、チュニスの郊外にあり、世界最大の古代ローマのモザイクのコレクションがあります。世界に名高い逸品のひとつと言われる、「ヴァージルとミューズの女神たち」は、ルーブル美術館の「モナリザ」に匹敵する美しさだとされています。 政府 情報収集急ぐ「犯行声明はない」 加藤官房副長官は、政務官会議のあとの記者会見で、「日本時間の昨夜、午後8時40分に事件が発生したことを認知した在チュニジア大使館が外務省に通報し、午後9時に大使を長とする現地対策本部を設置した。状況の把握に努め、被害者に対する必要な支援を実施してきている」と述べました。 また、「在チュニジア大使館において、速やかに在留邦人の安否確認を行うとともに、一斉メールを送信し、事件現場周辺に近付かないよう注意喚起している。また、現地の治安当局や病院等に邦人の被害状況を確認している」と述べました。さらに、「現時点で、いずれの組織からも犯行声明が発出されていない。犯人組織についても、引き続き、情報収集に当たることにしている」と述べました。 ※Nội dung Vào ngày 18/3 tại bảo tàng Bardo ở thủ đô Tunis nước Tunisia xảy […]

(NHK) 社会:電力4社 原発5基の廃炉を正式決定へ: 4 công ty điện lực quyết định chính thức dừng hoạt động của 5 lò phản ứng hạt nhân

Đăng bởi ngày 20/03/2015

関西電力と日本原子力発電、それに九州電力と中国電力は運転開始から、おおむね40年たつ老朽化した原発5基の廃炉を17日と18日の取締役会で正式に決定することにしています。 原発事故後に福島第一原子力発電所以外で原発の廃炉が決まるのは、これが初めてとなります。 関西電力は福井県にある美浜原発1号機と2号機を、日本原子力発電も同じく福井県にある敦賀原発1号機の廃炉を17日の取締役会で正式に決定し、地元の自治体に伝えることにしています。 また、中国電力は島根原発1号機を、九州電力も玄海原発1号機を廃炉にすることを18日開く取締役会で、それぞれ決めることにしています。 原発を再稼働させる場合には、電力会社はおととし7月に施行された国の新しい規制基準に適合させる必要があり、そのための安全対策に多額の費用がかかります。 また、併せて導入された制度によって運転期間は原則40年とされ、例外的に延長する場合には特別の点検を実施することが義務づけられ、さらなるコスト負担が見込まれています。 各社が廃炉を決定する5基の原発は発電の規模が比較的、小さいことから安全対策に多額の費用をかけて運転を継続しても経営上の利点は少ないと考えているものとみられます。 4年前に起きた原発事故後に福島第一原発以外で原発の廃炉が決まるのは、これが初めてとなります。 . 廃炉の進め方と課題は 原子力発電所の廃炉には数十年かかりますが、原子炉を解体した後の廃棄物や使用済みの核燃料を、どのように処分するかなど課題は山積しています。 東京電力福島第一原子力発電所を除き、日本で廃炉が進められている商業用の原発は茨城県にある日本原子力発電の東海原発と、静岡県にある中部電力浜岡原発の1号機と2号機があります。 このうち、今回の5基と同じ軽水炉と呼ばれるタイプの浜岡原発では6年前に廃炉作業が始まり、完了までに28年かかると見込んでいます。 現在は第一段階で、まず、使われなくなった核燃料を取り出しました。 さらに作業員の被ばくをできるだけ抑えるため、放射性物質を取り除く除染作業が行われています。 来年度からは原子炉周辺の設備の解体へと進みます。 その後、原子炉などの主要な設備が解体され、最後に建屋などが撤去されることになります。 廃炉を進めるうえで課題になるのが、解体によって出た廃棄物の処分です。 電気事業連合会のおおまかな試算によりますと、すでに廃炉中のものも含めた全国57基の原発を廃炉にするとおよそ45万トンの低レベル放射性廃棄物が発生する見込みですが、現在、国内にはこうした廃棄物を受け入れる処分場はありません。 特に原子炉など放射能レベルが比較的高いものは地下50メートルから100メートル程度に作られた施設に処分するとされていますが、処分場を確保するめどは立っていません。 このため、中部電力は16日、放射能レベルの極めて低い廃棄物については原発の敷地内に仮置きする計画をまとめ、国に申請しました。 地元の静岡県は「仮置きは容認するが、ずっと廃棄物を置くことを認めたわけではない」として対応を求めています。 さらに使用済み核燃料を再処理した後に出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる核のゴミを処分する国の計画は全く進んでいません。 廃棄物の問題を抱えたまま、今後本格化する廃炉が順調に進むかどうかは予断を許さない状況です。 ※Nội dung 4 công ty điện […]